悩みタイトル

デスクワークの時の首の痛み
→日常的に長時間のデスクワークをしている時に首の痛みでお悩みになることはありませんか?

寝起きに首肩が張る
→朝起きた時に首肩が張って起き上がるのが辛いというお悩みはありませんか?

首が張り過ぎて頭痛がある
→首の筋肉が張り過ぎて血流障害が起こり頭痛が起きてしまうということはありませんか?

肩コリが酷くて腕を挙げることが出来ない
→肩の筋肉が張り過ぎて腕を上手く挙げることが出来ないというお悩みはありませんか?

上を向くと首に痛みがある
→上を向くと首に痛みが出て作業に集中できないというお悩みはありませんか?

首の痛み・首コリに対する当院の考え

首肩のコリは、現代の日本において仕事やプライベートでパソコンやスマートフォンを使う機会が多くなり、その影響で姿勢不良や眼精疲労が引き起こされ、首の痛みやコリでお悩みの方が増えています。

首の痛みやコリは腰痛に次いで日本での国民病の一つとなっています。特に働き盛りの20代から40代の方に多く発症し、仕事をしていく上でなかなか治りにくく、むしろ年を重ねるにつれて症状が悪化する方が多く、お悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

当院ではそういったお悩みを抱えている方の根本から施術を行い、お悩みから解放できるように日々施術を行っています。

首の痛み・首コリ はなぜ起こるのか?

長時間のデスクワークなどで同じ姿勢をずっと続けると「ストレートネック」になりやすく、頭部を支えている筋肉群に過度に力が入り、緊張状態が続きます。
その結果、血行が悪くなり筋肉が凝り固まり、痛みやコリが発生してしまいます。

また、姿勢不良による骨の炎症で筋肉が固くなる椎間関節症の方もいます。
デスクワークをしている方以外にも、ドライバーや作業員など、同じ姿勢を取り続ける職業の方は誰でもこのような症状が起こり得ます。

さらに、ストレスが多い方も血行不良になり、首の痛みやコリを引き起こすことがあります。

首の痛み・首コリ を放っておくとどうなるのか?

首の痛みやコリを放置すると、症状の軽減がほとんど見込めず、むしろ悪化することが多いです。

放置によって症状が悪化すると、血流が悪くなり自律神経失調症を引き起こす可能性があります。自律神経失調症が発症すると、頭痛やめまい、吐き気などの症状が表れます。

また、筋肉が固くなり血流が悪くなると症状の軽減が難しくなります。
さらに進行すると椎間板ヘルニアになることもあり、その場合は手術が必要になることもあります。

このような事態を避けるためにも、早めに施術を受けて根本的に症状を軽減していくことをお勧めします。

首の痛み・首コリ に効果的な当院の施術メニューは?

首の痛み・コリに効果が期待できる当院のメニューには矯正施術、ドライヘッド矯正、猫背改善施術がございます。

【矯正施術】
矯正施術は頸椎を正しい位置に調整し、首にかかる負担を軽減することで、症状の軽減が期待できます。

【ドライヘッド矯正】
ドライヘッド矯正は頭蓋骨の調整を行い、嚙み合わせが向上し口の動きがスムーズになり、それによって首への負担を軽減できます。

【猫背改善施術】
猫背改善施術は猫背姿勢を改善し、筋肉の調整を行うことで、首のコリからくる胸郭出口症候群の予防にも繋がります。

これらの施術により血流を改善することが可能で、筋肉の緊張も緩和されます。

その施術を受けるとどう楽になるのか?

これらの施術を受けることで、首の痛み・コリからの症状進行を予防し、胸郭出口症候群、頸椎椎間板ヘルニア、吐き気、めまいなどの不定愁訴を防ぐことが期待できます。

また、血流の改善にも寄与し、筋肉が緩み、首の可動範囲が広がります。これにより、パソコンを使う仕事や頻繁に首を動かす作業など、さまざまな仕事においてしやすさが向上し、集中力が増すため、仕事のパフォーマンスが向上します。

既に自律神経失調症が進行している方にも、症状の軽減が期待できます。

首の痛み・首コリ を軽減するために必要な施術頻度は?

矯正施術、ドライヘッド矯正、猫背改善施術を受けた後、その効果は仕事をしている方にとっては3~4日で元の筋肉の固さに戻ると言われています。
症状を軽減しようとするならば、元に戻る前に再び施術を受け、さらなる軽減を目指す必要があります。そのため、頻度としては最低でも1週間に2回以上をお勧めします。

また、筋肉の細胞の生まれ変わりが3か月周期であるため継続的なケアが重要です。期間は最低でも3か月、予防まで考えるのであれば1年以上続けることをお勧めします。

症状でお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。